企業型保育所ー特徴その1 認可並みの助成金額

1.認可保育園並みの助成金額

企業主導型保育事業の助成金は、2種類で、
「整備費」助成金と「運営費」助成金である。

「認可保育園並み」とは、整備費は「認可保育所の施設整備」と同水準で、
運営費は「小規模保育事業等(6人~19人の認可保育所)」の公定価格と同水準と
いうことである。

●整備費助成金
整備費助成金とは、保育施設を設置するための費用助成金であり、大まかには以下のような場合に対象となる。

①新たに、更地に保育所としての建物を創設すること
②ビルやマンションのテナント部分を利用して保育所に作り替えたり、既存の保育所(認可外保育所や事業所内保育所)に以下のような改造等を行うこと。
一部改修、電気・ガス設備等の改造、拡大のための模様替え、換気設備や消防設備等の設備、防災対策上必要な補強工事、等。
③既存の保育所(認可外保育所や事業所内保育所)について、現在定員の増員を図るための整備をすること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です