足立区_道徳の教科化

事務局の五十嵐です。

9条改憲、暴走政治の自民党に、歴史的な審判が下ったのは胸がすく思いですが、
公明党と手を組んだ都民ファーストの圧勝は、要警戒です。

今後の運動の強化で、しっかりと監視することが大事ですね。

この間とりくんできた道徳「教科化」や教科書採択の問題ですが、

① 7月20日(木)18:30から、教科用図書選定委員会の傍聴をお願いします。
(18:15 区役所1階ロビー集合)

教科用図書選定委員会とは、教育委員会が採択する際の資料を作成するための委員会で、
教育長が指名した4名の校長と、4名の保護者からなります。
今年から公開されるようになりました。区民の関心の高さを示すためにも、
傍聴が大切かと思われます。

②8月10日(木)15:00から、採択のための教育委員会の傍聴をお願いします。
(14:45 13階大会議室前集合 場合によっては抽選)

来年度から小学校で使用する道徳教科書が採択されます。

③ 8社の教科書の中で、「教育出版」の教科書は特に問題を多く含み、
この教科書が採択されることは、足立区の道徳教育を大きく歪める危険性が強いと考えられます。
添付した教科書ネットの談話を参照されて、この教科書を採択しないようにという申し入れを、
できるだけたくさんの個人・団体から教育長あてに行うようお願いします。

 

ファイル1:道徳教科書についての談話

ファイル2:道徳教科書 陳情書